手元供養品の御影のお守りにより、今でも母が温かく見守ってくれている感じがします。

 生前の母は家族の要(かなめ)でいつも笑顔の中心にいました。御影のお守りは、仏壇の中に置いても手に持っても御影石特有のズッシリとした重厚感があって、母の姿と重なって感じられます。私にとっては微笑みながら温かく見守ってくれる存在です。

 亡くなる数年前、行く直前には面倒くさいと言っていた富士山旅行でしたが、本当に喜んでいました。その笑顔は忘れられ ません。もう一度行きたいと言っていた富士山旅行に、御影のお守りのおかげで、連れて行ってあげることができました。

写真左:亡くなる前のお母さんと。
写真右:御影のお守りを左手に持って。
(両方とも富士山5合目にて)

なぜ手元供養か

 「故人の一部である遺骨は仏壇や位牌より身近に感じられる 59人」「そばに置いてあげたかった 55人」「持ち歩くことができて、いつも一緒にいる感じがいい 29人」「祭祀(さいし)の継承者ではない者でも祭祀(供養)ができる 12人」「墓が遠くにあるから、身近で供養をしたかった 12人」「故人が散骨を望んでいたので、何か形を残したかった 11人」「子供に負担(仏壇を買うなど)をかけたくない 10人」(商品購入者100人、複数回答)― 手元供養を選んだ理由として、2008年2月2日の朝日新聞で紹介されています。このように様々な状況や事情が想定される手元供養品なので、納骨容器に工夫を凝らしたものや、持ち運びに向いた商品、いつでも身につけておけるペンダント、デザイン性に富んだオブジェ、遺骨そのものからつくるダイヤモンドなど様々な手元供養品が登場しています。

なぜ御影のお守りか

 形態としては様々ありますが、心情面においては手元供養品を「見守ってくれる存在」と心の中で位置づけている方が多いと感じています。御影のお守りは、この心情面に違和感が起こってはならないことを念頭において素材や商品名、デザインを決めました。最初に紹介した小山さんのように「微笑みながら温かく見守ってくれる存在」と実感していただければ、と願っています。

株式会社和一 代表取締役 有賀 和道
 

商品ラインナップ

商品ラインナップ
商品紹介ページへ
 

「おもいで」(77,000円)の特別版として、別途5,000円追加(合計82,000円)でお好きな文字を、ご自分の手で彫刻が可能です。
東京都中野区にある彫刻工房にてスタッフが指導します。

自分が文字彫刻した御影のお守りなので、より親しみがわくと好評いただいております。 詳細はこちら

彫刻体験なしの、お好きな文字を指定する特別注文だけの場合は、別途,3000円追加の80,000円になります。詳細はこちら

手元供養はこんな方にお薦めです
状況的には
  • お墓や仏壇、位牌といったものが遠方の方や無い方
  • 散骨や樹木葬になさりたい方
  • 永代供養墓に合葬される方
  • 形見を欲しいとお考えの方
  • 身近でいつも故人を偲んだり、供養できるようにしたい方
  • 故人を思い出の地へ一緒に連れて行ってあげたい方
心情面では
  • 故人を想っている人であればどなたでも。
 
納骨日までにご注文を

お墓に納骨する場合や散骨の場合、その日までに商品をお届けできますように、お早めにお買い求め下さることをお勧めします。
(お墓に納骨後の場合、改めて石材業者に依頼してカロート(納骨部分)をあけてもらう必要があります)。
→詳しくは「ご注文の流れ」のページ

もし、商品に不満であれば代金は頂きません

商品にご満足いただけなかった場合、30日以内に商品をご返送ください。謹んで速やかに代金をお返しいたします。
→詳しくは「ご注文の流れ」のページ

「御影のお守り」商品ラインナップ 38,000円〜
→詳細とご注文は「商品紹介」のページ

【御影のお守り】相談受付センター
手元供養のことならお任せください。商品についてだけでなく、手元供養や納骨について不明点などありましたら、電話やメールにてご遠慮なく相談ください。よく質問されます疑問点や不安点につきましては、よくある質問でも取り上げておりますので、よろしければご覧ください。

TEL:03-5918-8565(平日 9:00〜17:00です)
FAX:03-5918-8566 E-MAILはこちらになります。
(メール対応定休日は土・日・祝日です)

株式会社 和一
本社:群馬県甘楽郡南牧村羽沢1545
東京営業所:東京都板橋区赤塚3-38-10-502

最終更新日:2015年11月18日

このページの先頭へ
Copyright (C)2007 WAICHI All rights reserved.

後援サイト あさがお葬儀社紹介センター 葬儀相談員日記 川崎市葬儀相談所 横浜市葬儀相談所 川崎葬儀相談日記 マイエリア