散骨・樹木葬
  • ご遺骨は、お墓に納骨するほか選択肢はないように思われていますが、実は、遺骨をどうするかについては、散骨や樹木葬などお墓以外にも選択肢があります。さらに、一つの方法だけでなく、お墓への納骨と散骨を組み合わせることも可能です。散骨や樹木葬は、自然に還れるということから、希望する人は多くなってきていますが、実際に行う人はまだそれほど多くないのが現状です。
  • ただ、たとえば、ご遺骨を全部、散骨にしてしまうと、故人と直接に向かい合う場がなくなってしまう可能性も出てきます。このことを解決するために徐々に利用されてきているのが手元供養です。ご遺骨の一部だけでも手元に残し、身近で故人を偲ぶことができるものです。

散骨は節度をもって行えば法的には問題はありません。

 1997年に石原慎太郎さんが、弟の石原裕次郎さんの遺骨の一部を湘南の海に散骨したいと希望しましたが、当時は法的に問題があると思われていたため断念しています。散骨を法律違反ではないかと思っている人が結構います。
  しかし、散骨は、現行の法律では規制対象外です。遺骨・焼骨の埋蔵については、「墓地埋葬等に関する法律」というものがありますが、散骨は想定外です。厚生省や法務省も法律違反ではないとの見解を示しています。石原裕次郎さんの例では、後年、散骨したそうです。
  もう少し噛み砕いて、散骨をしたい人の側に引き寄せて言いますと、規制対象外というのはこういうことです。他人の土地に無許可で勝手に散骨をしない限り、法的には、誰の許可を得る必要もなく散骨をしていいということです。散骨業者に依頼する必要もありません。

しかし、散骨は慎重に進めないとトラブルになります。

 ただ、法律的に問題がなくても、慎重に散骨をしないとトラブルが生じる恐れがあります。個人的なレベルでさえ、近所の人が気持ち悪がるかもしれませんし(近所の人に散骨をすることを知らせる義務はないので、知らせないで散骨をすることもできますが)、これが、事業として土地を確保し散骨をするような場合、地域住民との間でトラブルになることが起こりえますし、実際に起こっています。こうしたトラブルを受けて、条例によって散骨を規制するというところも出てきています。
 散骨は法的に問題がないとはいえ、節度をもって慎重に進めないとトラブルのもとになり、民事的問題に発展する可能性さえあるのです。この節度について、遺灰を海や山に還す自然葬を自由に行うための社会的合意の形成と実践を目指している「葬送の自由をすすめる会」は、自主ルールとして次のような項目を挙げています。
 海の場合は、1.遺灰の粉末化、2.海岸ではなく沖に、3.養魚場・養殖場を避ける、4.水溶性の紙に遺灰を包む、5セロハンで巻いた花束を禁じ花びらだけにする
 山の場合は、1.自然環境を生かし山林全体を使う、2.遺灰を粉末化する、3.人家・施設から離れる、4.水源を避ける

 このように、現状、散骨にあたっての基準はなく、散骨する人のモラルにかかっているという状況ですが、自然に還れるということから、希望する人は多くなってきています。ただ、実際に行う人はまだ少ないのが現状のようです。

散骨について

樹木葬は散骨に近い感じがしますが、法律的には墓地の扱いです。

 樹木葬は、遺骨を埋蔵し墓石の代わりに樹木を墓標にしています。感覚的には、墓石を使っていないので、散骨のほうに近いように感じられます。
 しかし、法的には、遺骨を埋蔵するため、「墓地埋葬等に関する法律」が適用されますので、その場所は墓地としての許可が必要になります。お墓以外で、もっともお墓に近いのが樹木葬と言えます。 これに対して、散骨場所は遺骨を埋蔵しないので、墓地の許可がいりません。現行法では、遺骨を埋蔵するかどうかが大きな分かれ道になっています。
 要するに、他人の土地に無許可で勝手に散骨をしない限り法的には問題がないが、樹木葬は墓地でなければならないということです。
 もっとも、散骨した上に、植樹するということも行われだしてきたので、これは遺骨を埋蔵しないので、法的には散骨と同じ扱いになります。

 ところで、樹木葬墓地が日本で初めて誕生したのは、岩手県一関市にある祥雲寺という臨済宗のお寺で1999年のことです。墓石の代わりとなる花木は、ヤマツツジ、エゾアジサイ、バイカツツジ、ウメモドキ、ナツハゼ、ガマズミなど環境に合った低木類から選びます。

 以後、徐々にではありますが、各地に樹木葬墓地が誕生してきています。樹木葬が注目されてきたのは、自然に還りたいという志向に加え、お墓の継承者がいない人が増えていることが背景にあるようです。

自然葬(遺灰を海または山にまくなど)についてどう思いますか?

遺骨は一つの方法で扱う必要もない。

 以上、遺骨をどうするかについて、お墓以外の選択肢として散骨や樹木葬を見てきましたが、このほかにも手元供養や宇宙葬というものまで出てきています。手元供養については、最近注目を集めていますので、次の「手元供養」の項目で解説します。
 いずれにしましても、遺骨は、一つの方法だけでなく、お墓への納骨と散骨を組み合わせることも可能です。例えば、お墓への納骨もするけれども、一部を手元供養や散骨にするという具合にです。また、お墓はつくらず、散骨にするが、故人を偲ぶものが何もなくなってしまうので、一部だけ手元供養にするということもできます。

このページの先頭へ
手元供養はこんな方にお薦めです
状況的には
  • お墓や仏壇、位牌といったものが遠方の方や無い方
  • 散骨や樹木葬になさりたい方
  • 永代供養墓に合葬される方
  • 形見を欲しいとお考えの方
  • 身近でいつも故人を偲んだり、供養できるようにしたい方
  • 故人を思い出の地へ一緒に連れて行ってあげたい方
心情面では
  • 故人を想っている人であればどなたでも。
 
納骨日までにご注文を

お墓に納骨する場合や散骨の場合、その日までに商品をお届けできますように、お早めにお買い求め下さることをお勧めします。
(お墓に納骨後の場合、改めて石材業者に依頼してカロート(納骨部分)をあけてもらう必要があります)。
→詳しくは「ご注文の流れ」のページ

もし、商品に不満であれば代金は頂きません

商品にご満足いただけなかった場合、30日以内に商品をご返送ください。謹んで速やかに代金をお返しいたします。
→詳しくは「ご注文の流れ」のページ

「御影のお守り」商品ラインナップ 38,000円〜
→詳細とご注文は「商品紹介」のページ

【御影のお守り】相談受付センター
手元供養のことならお任せください。商品についてだけでなく、手元供養や納骨について不明点などありましたら、電話やメールにてご遠慮なく相談ください。よく質問されます疑問点や不安点につきましては、よくある質問でも取り上げておりますので、よろしければご覧ください。

TEL:03-5918-8565(平日 9:00〜17:00です)
FAX:03-5918-8566 E-MAILはこちらになります。
(メール対応定休日は土・日・祝日です)

株式会社 和一
本社:群馬県甘楽郡南牧村羽沢1545
東京営業所:東京都板橋区赤塚3-38-10-502

最終更新日:2016年5月26日

このページの先頭へ
Copyright (C)2007 WAICHI All rights reserved.

後援サイト あさがお葬儀社紹介センター 葬儀相談員日記 川崎市葬儀相談所 横浜市葬儀相談所 川崎葬儀相談日記 マイエリア