手元供養

ご遺骨はお墓に入れなくてはならないという法律はないので、身近に置くことは問題ありません。たとえば、作家の住井すゑさんは、旦那さんの遺骨をお墓に埋葬するのが忍びなくて、骨壷を身近においていました。最近では、ご遺骨の一部を何らかの形で身近に置いておくための手元供養品という商品群が出ています。(手元供養というと、仏教的で仏具のような感じもしますが、宗教的な意味合いはありません。)

遺骨・遺灰をダイヤモンドに加工する会社も出てきています。

 ご遺骨をどうするかについて、お墓以外の選択肢として、最近注目を集めているのが、手元供養です。手元供養は、遺骨の一部を納めたり加工したりして身近において置けるものです。

 「手元供養品は、最愛の方の遺骨を身近に置くことで、心のよりどころとなり、手を合わせ、或いは握りしめ、故人を偲び、語りかけられる自由なかたちの自宅での供養対象です。」というのは、NPO手元供養協会の解説です。

 具体的な商品群としては、大きく分けて、遺骨をペンダントやオブジェの一部分に納骨するタイプと、遺骨そのものを加工してダイヤモンドやプレートに成型して、ペンダントやオブジェにしたものがあります。こうした商品が出だしてきたのも、それほど遠い昔ではなく、手元供養品のパイオニア的存在と言われる「エターナルプレート」が販売されだしたのが、1999年です。NPO手元供養協会ができたのは、2005年のことです。

 時代背景としては、お墓が田舎にあり遠かったり、家に仏壇がなかったり、経済的事情でお墓が立てられなかったり、散骨してしまうなどの状況があるからでしょう。感情的には、遺骨を身近においておきたいという気持ちは、遺骨信仰の強い日本においては、多くの人に共通する感情かもしれません。

 2008年2月2日の朝日新聞では、手元供養を「死者をめぐる文化の一角に定着しつつあるようだ」と紹介し、「そもそも供養とは「不安定な死者」を「安らかな死者」に変換するための儀礼だったはず。安らかな状態に導かれた死者は生者たちを守ってくれる――。それに対して手元「供養」は、残された者の悲嘆を和らげる「グリーフワーク」の意味合いが強い。」と説明しています。
 NPO手元供養協会によると、年に推定1万個以上の関連商品が売れているといいます。

手元供養を選んだ理由 手元供養の利用者
このページの先頭へ
手元供養はこんな方にお薦めです
状況的には
  • お墓や仏壇、位牌といったものが遠方の方や無い方
  • 散骨や樹木葬になさりたい方
  • 永代供養墓に合葬される方
  • 形見を欲しいとお考えの方
  • 身近でいつも故人を偲んだり、供養できるようにしたい方
  • 故人を思い出の地へ一緒に連れて行ってあげたい方
心情面では
  • 故人を想っている人であればどなたでも。
 
納骨日までにご注文を

お墓に納骨する場合や散骨の場合、その日までに商品をお届けできますように、お早めにお買い求め下さることをお勧めします。
(お墓に納骨後の場合、改めて石材業者に依頼してカロート(納骨部分)をあけてもらう必要があります)。
→詳しくは「ご注文の流れ」のページ

もし、商品に不満であれば代金は頂きません

商品にご満足いただけなかった場合、30日以内に商品をご返送ください。謹んで速やかに代金をお返しいたします。
→詳しくは「ご注文の流れ」のページ

「御影のお守り」商品ラインナップ 38,000円〜
→詳細とご注文は「商品紹介」のページ

【御影のお守り】相談受付センター
手元供養のことならお任せください。商品についてだけでなく、手元供養や納骨について不明点などありましたら、電話やメールにてご遠慮なく相談ください。よく質問されます疑問点や不安点につきましては、よくある質問でも取り上げておりますので、よろしければご覧ください。

TEL:03-5918-8565(平日 9:00〜17:00です)
FAX:03-5918-8566 E-MAILはこちらになります。
(メール対応定休日は土・日・祝日です)

株式会社 和一
本社:群馬県甘楽郡南牧村羽沢1545
東京営業所:東京都板橋区赤塚3-38-10-502

最終更新日:2016年5月26日

このページの先頭へ
Copyright (C)2007 WAICHI All rights reserved.

後援サイト あさがお葬儀社紹介センター 葬儀相談員日記 川崎市葬儀相談所 横浜市葬儀相談所 川崎葬儀相談日記 マイエリア