葬儀からの流れ

葬儀までは、よい葬儀社選びができれば、問題が生じるようなことはありません。しかし、お墓をどうするかは、のちのちのことまで考えて慎重に検討する必要があります。また、いろいろな事情により、墓を持てない、もしくは持ちたくないという人がいて、ご遺骨をどうしたらいいかわからず、いつまでも骨壷を自宅に置いている人もいます。

葬儀までは、よい葬儀社選びができれば問題は生じません。

 葬儀の段取りのことや葬儀費用のこと、葬儀社のことなど、葬儀をとりまくことについて、一般の人にはわかりずらい面が確かにあると思います。
 喪主にあたる方は、葬儀の時にやらなければならいと思う段取りや手配のことを考えただけで不安になってしまうかもしれません。しかし、葬儀社さえしっかりしたところを選べれば心配はあまりいりません。つまり、葬儀の流れは、葬儀社の担当者が把握しており、適切に指示してくれますので、喪主や遺族の方が細かいところまで把握し心配する必要はないということです。  
  しかしながら、お墓についてはこんなに単純ではありません。

お墓をどうするかは、慎重に検討する必要があります。

 葬儀が終了しますと、一般的には法要や供養を執り行うということになります。例えば仏式の場合、葬儀に用いた白木の位牌は、忌明け法要にて本位牌と取り替えたり、お墓への納骨、仏壇がないとき仏壇の購入、また、お墓がない場合など、どうするかを決めていくということになります。

 特に、お墓をどうするかは慎重に検討する必要があります。なぜなら、のちのちのことを考えずに安易に決めてしまうと、様々な問題が生じるからです。
例えば、現状でも次のような事態が起こっています。

  • お墓を新たにつくったのはいいが、そのお墓を守る人が近い将来いなくなりそうだ。
  • 親の故郷のお墓に納骨したが、故郷に住んだこともなく都会で暮らしている自分がお墓を守るのは非常に不便だ。
  • 新たにつくったお墓と、奥さんの先祖の墓と二つの墓を自分が守らないといけないことになった。
  • この機に、故郷にあるお墓を改葬して、今住んでいるところの近くにお墓を移したいと思うが、経済的に難しそうだ。しかも、移したとしても、いつまでお墓を守りつづけられるかわからない。
  • 親が生前に寺院墓地を購入したが、お寺との付き合いがこんなに面倒だとは思わなかった。

 こうした事態が起こるのは、お墓が自分ひとりでは完結せず、先祖から子孫へとつながっている性格のものだからです。こうしたことから現在、先祖から子孫へとつながることを前提としない、永代供養や合葬墓、散骨が徐々に注目を集めてきているわけです。

墓地所有の有無

故人の遺骨をどうするかは、祭祀継承者が決められます。

 ちなみに、故人の遺骨をどうするかは、祭祀継承者が決める権利を持っています。祭祀継承者とは、お墓など祭祀財産を継承する人のことです。旧民法で「直系の男子優先」とされており、つまり長男が継承するものと定められました。ただ現民法では、「慣習に従って」もしくは「被相続人の指定に従って」となっています。被相続人とは故人のことで、遺言などで指定すれば、誰でも継承者にすることができます。

 要するに、故人の遺骨をどうするかは、祭祀継承者が決める権利を持っていますので、例え故人が故郷での納骨を望んでいても、必ずそれを実行しないといけないわけではないのです。それゆえ、亡くなる人との側から言うと、望むことがある場合、祭祀継承者にその旨よく理解してもらうことも必要になります。

 いずれにしましても、それぞれの状況を踏まえて、後々のことも考慮してお墓のことを考えていくが望まれます。

 一般的には、ご遺骨は、49日に家のお墓に納骨するというのが多いのですが、実は納骨については、「永代供養墓・合葬墓」以下の項目で見ていきますように、さまざまな選択肢があるのです。つまり、これからの時代のお墓や納骨について考えるときの選択肢になるということです。

お墓を造る上での問題点
このページの先頭へ
手元供養はこんな方にお薦めです
状況的には
  • お墓や仏壇、位牌といったものが遠方の方や無い方
  • 散骨や樹木葬になさりたい方
  • 永代供養墓に合葬される方
  • 形見を欲しいとお考えの方
  • 身近でいつも故人を偲んだり、供養できるようにしたい方
  • 故人を思い出の地へ一緒に連れて行ってあげたい方
心情面では
  • 故人を想っている人であればどなたでも。
 
納骨日までにご注文を

お墓に納骨する場合や散骨の場合、その日までに商品をお届けできますように、お早めにお買い求め下さることをお勧めします。
(お墓に納骨後の場合、改めて石材業者に依頼してカロート(納骨部分)をあけてもらう必要があります)。
→詳しくは「ご注文の流れ」のページ

もし、商品に不満であれば代金は頂きません

商品にご満足いただけなかった場合、30日以内に商品をご返送ください。謹んで速やかに代金をお返しいたします。
→詳しくは「ご注文の流れ」のページ

「御影のお守り」商品ラインナップ 38,000円〜
→詳細とご注文は「商品紹介」のページ

【御影のお守り】相談受付センター
手元供養のことならお任せください。商品についてだけでなく、手元供養や納骨について不明点などありましたら、電話やメールにてご遠慮なく相談ください。よく質問されます疑問点や不安点につきましては、よくある質問でも取り上げておりますので、よろしければご覧ください。

TEL:03-5918-8565(平日 9:00〜17:00です)
FAX:03-5918-8566 E-MAILはこちらになります。
(メール対応定休日は土・日・祝日です)

株式会社 和一
本社:群馬県甘楽郡南牧村羽沢1545
東京営業所:東京都板橋区赤塚3-38-10-502

最終更新日:2016年5月26日

このページの先頭へ
Copyright (C)2007 WAICHI All rights reserved.

後援サイト あさがお葬儀社紹介センター 葬儀相談員日記 川崎市葬儀相談所 横浜市葬儀相談所 川崎葬儀相談日記 マイエリア